Yume Wo Katare School 

ラーメン荘 Yume Wo Katare

「ラーメン荘 Yume wo katare」を4年間経営しながら、実践を通して経営ノウハウを勉強していく学校

「ラーメン荘 Yume wo katare」を4年間経営しながら、実践を通して経営ノウハウを勉強していく学校です。

一般的には、大学で4年間経営学を勉強(座学に近い)するのに対して、YKSでは、リアルな問題を実際に経営者という立場から解決し、経営学を勉強していきます。

最初の1年は、資金調達のため全国各地にある「Yume wo katare」のパートナー店で働きます。
その後、銀行の融資(300万)と一年分の貯金(100万)を基に、地方大学の前で「ラーメン荘 Yume wo katare」をオープンします。
そして売り上げの一部を使って、全国やオンライン上で、経営のレクチャーを受講していくのがYKSの仕組みです。
また、パートナー企業の経営者がメンターとなり、学生(経営者)を全面サポートしていきます。

最初の課題として、まず夢を語ってもらいます。
1ヶ月間パートナー店で働いた後、4年間の経営計画書を作成し、それを地方の銀行に持って行きます。そして、銀行の支店長の前で自分の夢を語り、融資を募ります。つまり、〝夢を語る〟ことが、夢を叶えるための最善の方法なのです。

そして、4年後には店を締め、次の夢へと歩んでいきます。(そのまま店を続けることが夢であれば、残ることも可。)

我々の理念は、「その街に貢献できる店」をミッションとし、地元の大学や企業を巻き込み、「ラーメン荘 Yume wo katare」がこのエリアにオープンしてくれてよかったと思ってもらえる経営を目指すことです。

募集する人材
一期生、紹介したい人がいる