Yume Wo Katare


夢を持ち始めた人や夢を失いかけた人が、勇気を出して、力強く夢を語る、そんな場所です。


夢を言葉に、そして声にすることで、自分自身を奮起させ、前に進む力となります。

それは自分のみならず、その場で聞いてた別のお客や、現時点で夢を見つけられていない人たちのヒントとなり、勇気や元気を与えていきます。

では、なぜ "大盛りのラーメン"なのか。

大盛りのラーメンを完食するという行為は、夢を叶える事に類似しています。

例えば、相当な量で知られているあの "二郎系ラーメン"を完食するには、その日のコンディションを整えるなど、ある種の努力が必要ですよね。

夢を叶えるためには、相当な動力と覚悟が求められる。

大なり小なり規模は違うにせよ、この "大盛りのラーメン"を食べきることと、夢を叶えることは、本質的には同じなのです。


また、お会計システムも通常とは異なります。

"自分"が、ラーメン代を支払うのではなく、その夢を聞いてくれた "応援する周りの人々"に、ご馳走(ゴチ!)してもらいます。その後、夢を叶えた本人は、お店の夢を語っている人にゴチしていくいうルールで、次の "夢叶え人"を応援していきます。

このようなポジションサイクルを私たちは目指します。


This is a place for people that just found a dream, or looking for a dream, or was about lose a dream to share a dream with passion.


By making it to your words and sharing them, you can motivate yourself and have the power to move forward.This does not end in you, you inspire others around you that heard your dream for them to find their own dream or keep on running for their dream.


So why it has be “gigantic” bowl of ramen?

The act of finishing that bowl of ramen is similar to the act of achieving dreams.

In order to finish that bowl of ramen you have manage your health condition, and it takes some courage and effort to achieve.

The scale might be different, but the spirit behind finishing a bowl and achieving a dream is the same.


Also we have a distinctive way to pay as well.

Instead you pay for your own bowl of ramen, people that got inspired by your dream will pay for you to support your dream.

And the ones that achieved the goals, come back to support the next dreamers. We call this positive cycle, a cycle where we do act of kindness to support each other.